RSS | ATOM | SEARCH
Epiphone Century Amp 改善・修理

世田谷のK様より「‟ジー音”が出るので少なく改善可能か?」とのことでご来店有り。

その場で確認すると、比較的に高いノイズで、総てのポット類を‟0”にしても気になる症状。(感じ方は個人差があるのかもしれない!?)ACラインのノイズでは無いことを確認したので、恐らくヒーター回路のアースラインの問題なのでは・・・。と思うが試してみないと判らない。

回路をしらべていくと、抵抗2個のバランサーになっている。これを可変型ボリウムに仮交換し、‟ジー音”が軽減するか否か調整していくとほぼ気にならないくらいまで改善される。後は取り付け位置を考慮しバイアスボリウムを移動した。

 

その他、Mesa/6V6GTAの2本共バツバツと異音が出る為、出力管電極(脚:半田劣化・酸化?)を総ての電極半田補修(2本)した。バイアス調整後、出力波形〜出力測定 18W/8Ω.

初段管を揺するとチリチリ音出る為,PRE管ソケットナット締め付け〜半田補修・ワイヤリング補修もした。さらに、バイアス端子ぐらつき等も直し完了となった。

(K様ご自身で、Selestion/G12M取付、PRE管Mesa×2、アナリシスSPケーブル取付有り)

Epiphone Century

*更に出音改善するには、まず、プリ管の交換がBESTと・・・。

author:Bちゃん, category:Amp, 09:18
-, -, -