RSS | ATOM | SEARCH
Ampeg GT-10 修理・改善

大田区から食品関係のお仕事をされているK様よりご依頼有り。

「AC-SW/ON時”バチ音“が出る。Reverbのハウリングと触ると音が大小する。音の深みは良いが、音抜けが欲しい(Trebleが、もう少し効くように)→スピーカー交換したほうが良いか?」との事。この型式は初めて見るアンプだ。K様と一緒に出音のチェック〜イメージの擦り合わせを行なっていった。(スピーカー交換ではお金もかかるし、つまらないのでアンプに手を入れる方向でやってみましょう!)

今までCH/1を使用しCH/2は殆ど使っていなかったようだったが、(後日チェックすると、CH/1がLo/Gain・CH/2はHi-gainで1.6db程高い。)CH/2を使いテストをするとやや期待が持てるが、全体的に音抜けが悪く感じるとの事。この段階でお帰りになった。

その後、早々に図面とにらめっこしながら、改善箇所を検討していった。試行錯誤しトーン回路カップリングTrebleを半分の容量に、Mid抵抗を6.8KΩに変更した。これにより、Treble(Bright)感が増し、Mid/GainもUpし音抜けが出てきた。(個人間の好みも有るので暫定)

更に、基板の半田が全般変色気味なので総て半田補修〜再度一部半田補修した。Reverbのハウリングは色々試したが、改善がみられずReverbユニットを交換の方向で伝え、今回は保留となった。

AC/SWのON-OFF時のノイズは、コンデンサーを取付し直ぐに改善された。

その他Input/Jackは2個今後の為に交換〜エージング。後にご来店、音の確認をしていただき、お引渡しとなった。

Ampeg GT-10

Ampeg GT-10

Ampeg GT-10

後日、恐縮するメールをいただいた。

「早速うちでいろいろと試してみていますが、とてもいいです。チャンネルの
使い分けができるのもとてもいいですし、2チャンネルのクリーンはとてもきれいな
のでスタジオやライブ用の音作りも出来ますし、とても便利なアンプに生まれ変わ
りました。
半田の当てなおしで多少音か硬くなってるのかという感じもありますが、ハイが出る
ようになってこれから使っていくうちにまた変わるのかなという気もします。

また、何かありましたらご連絡させて頂きたいと思っていますが、現状アンプが新品
に戻ったように元気になり、とても満足しています。」

 

 

 

 

author:Bちゃん, category:Amp, 17:45
-, -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:45
-, -, -