RSS | ATOM | SEARCH
Orange Amp AD-140TC 修理・改善

Orange AD-140TC追われるような日々から少し開放され、久々の投稿となりました!!。

 

ホームページを見ていただき、目黒より電車で持参されました。

オークションで購入され「音が小さく、ピーと発振しハム音も多い。出力管は新品に交換済み」との事でした。

 

調べていくと出力管のヒーターが、飛び飛びでしか点灯しておらず歯抜け状態。ヒーター線は半田が剥がれていません。更に調べていくとヒーター線とソケット電極間(5mm位?)が断線しているので半田補修し4本共点灯するようになった。

 

次に、Master/Volを上げていくとピーと発振音・ハム音が多くなる為調べた。0Vアースラインがボルトでシャシーに落ちるようになっているが、これが落ちていなくて配線材で別な箇所へアースを落とし、直った。

 

その後、PRE管Gain等4本チェックし、音が不定期に大小するのでMaster/Vol等のクリーニングをし、テストをした。テスト中に何故かHT/Fuse(1A)が飛んだ。関連性のある電気系統を調べていき高圧ダイオードのリークが判明。基板表面から半田吸い取り線で外し交換。出力管のバイアス〜出力波形・出力測定もして完了となったが、引渡し直前に念の為チェックをしたら、PRE管4本のヒーターが点灯しない症状があったので、ヒーター間のコネクターは取り外し、別なケーブルに総て交換直付けし完了引渡しとなった。

(紙一重で再修理を免れた!! まだまだ未熟者、精進せねば・・・。)

 

 

author:Bちゃん, category:Amp, 14:10
-, -, -